晩秋のアルテピアッツァ美唄を訪ねる

アルテピアッツア美唄野外彫刻アート
スポンサーリンク

以前から一度訪ねたかった美唄市にある安田侃彫刻美術館「アルテピアッツァ美唄」に行きました。

山あいの広い敷地に点在する安田侃(かん)の彫刻が風景と合わさって気持ちの良い、心が落ち着く公園と聞いていたのですがコロナ等でなかなか訪ねる機会がありませんでした。

美唄出身の彫刻家で現在イタリアで制作活動をしている安田侃(かん)の彫刻作品は道内外にパブリックモニュメントとして展示され親しまれています。

安田侃の彫刻は札幌ではJR札幌駅構内南口(待ち合わせの目印)中島公園や知事公館前庭等で見ることができます。

道民には名前は分からなくとも「大理石のつるんとした表面の手になじむ」大きなパブリックモニュメントといった感じの「目印」で見慣れていると思います。

 

JR札幌駅構内安田侃彫刻
JR札幌駅南口にある安田侃の彫刻、待ち合わせ場所になっています。


中島公園に設置されている安田侃の彫刻

アルテピアッツァ美唄

炭鉱住宅街跡地に1992年開園、美唄市と安田侃で現在進行形で創っている彫刻公園。

かつて炭鉱の町(1973年閉鉱)として栄え1200人以上の子供たちが通った美唄市立栄小学校跡地を中心に、同市出身の安田侃作品を配置。

7万平方メートルを超す山間の敷地に重さ10数tの大作から旧校舎に置かれた小品まで40点余りが展示されています。

旧校舎1階は美唄市立栄幼稚園として2020年3月まで使用、2階の教室は安田侃の小品展示室や市民ギャラリーとして活用されています。

旧体育館はアートホールに再生されコンサートなどに活用中。

住所:〒072-0831 北海道美唄市落合町栄町
電話:0126-63-3137

アルテピアッツア美唄公式HP

安田侃について

1945年北海道美唄市生まれ
1970年渡伊。ローマ・アカデミア美術学校で学び、以降、大理石の産地として知られるトスカーナのピエトラサンタにアトリエを構え、大理石とブロンズによる彫刻の創作活動を始める。
作品は道外では東京ミッドタウン、東京国際フォーラム、三菱商事本社ビル等や欧州の公園等に置かれている。

彫刻家安田侃のサイト

アルテピアッツァ美唄施設

アルテピアッツア美唄 公園内地図

園内地図 アルテピアッツア美唄HPよりお借りしました。

アルテピアッツア美唄入口

園内に入る

 

基本情報

●開館日 水曜日~月曜日

●定休日 火曜日(祝日の翌日)、12月31日~1月3日

●開館時間 9時~17時

●入館料 無料 (任意の寄付のお願いBOXあり)

アクセス

  • 電車:JR函館本線、特急ライラック、カムイで札幌から美唄駅まで3駅目で35分乗車
  • 美唄駅から市民バス東線「アルテピアッツァ美唄」行き乗車(東明通経由32分、旭通経由19分)
  • 美唄駅東口よりタクシー約10分
  • 車:道央自動車道利用で札幌JCTより35分、美唄ICより右折5分 駐車場有

 

オツリナ
オツリナ

私達は11月12日(金)に

美唄に電車で行きました

私達は札幌駅より特急ライラック号旭川行きに乗り往復割引を使い通常料金4880円が→3120円になり金曜日平日の自由席には十分空席がありました。
運賃が浮いた分タクシーを使い、美唄駅西口から現地まで10分程で料金1830円。
帰りはタクシーを呼び駅東口まででの1500円ちょっとで東口から乗った方が安くなります。
割り勘にすると安くなるし交通の便を考えるとお勧めです。

アートスペース(旧体育館)

アルテピアッツア美唄アートスペース
アートスペース(旧体育館)

アルテピアッツア美唄アートスペース
アートスペース内

室内には安田侃の彫刻がたっぷりのスペースを取って置かれています。

アルテピアッツア美唄アートスペース
2階部分から見る

アルテピアッツア美唄アートスペース

展示室にはストーブが焚かれ暖かい(この日気温8度程)

アルテピアッツア美唄アートスペース

ギャラリー(旧美唄市立栄小学校)

アルテピアッツア美唄ギャラリースペース

木造の旧美唄栄小学校 一部

アルテピアッツア美唄ギャラリー

正面入り口

アルテピアッツア美唄旧小学校内

玄関口には安田侃の彫刻が置かれている。

アルテピアッツア美唄旧小学校内

アルテピアッツア美唄旧小学校廊下

貸しギャラリースペースでは似顔絵展を開催していました。

アルテピアッツア美唄旧小学校廊下

趣きのある木造校舎、同行者は懐かしいを連発!!

アルテピアッツア美唄旧小学校内ギャラリー

ギャラリー内、安田侃の小品が展示されている。

公園内展示

アルテピアッツア美唄野外彫刻
作品名:妙夢

アルテピアッツア美唄野外彫刻

作品名:帰門

アルテピアッツア美唄野外彫刻

アルテピアッツア美唄野外彫刻

アルテピアッツア美唄野外彫刻

アルテピアッツア美唄野外彫刻
白いカバーをかけ冬囲いした彫刻

残念ながら11月一週目に一部の大理石彫刻は積雪から守るため冬囲いをしてしまっていました。

石の割れ目に水が入り込み寒さで凍ると氷の膨張で彫刻が破損する恐れがあるそうです。

今度は絶対緑のシーズンに来なければ!と思いました。

アルテピアッツア美唄 彫刻
笹やぶに中にも彫刻があります。

アルテピアッツア美唄熊注意看板

笹やぶの小道を歩いていたらこんな看板が………

公園は山間にあるので熊が出てくることがあるそうで…..今年も1回出てきたとの事。

ミュージアムショップでは「熊よけベル」を貸し出してくれます。

今年6月、札幌市中心部の熊の出没など考えられない場所に熊がでたのを経験している身としては何とも言えない不安感に襲われつつ大声を出しながら回りました。

まぁ公園の真ん中を熊がのこのこと出てきたわけではありませんが。

カフェ

アルテピアッツア美唄カフェアルテ建物
カフェの建物

こちらの建物一部は体験工房になっています。

★大理石を彫る、こころを彫る(自分の好きな形に)講座が開設されています。

 

カフェアルテ Caffe arte

●住所美唄市落合町栄町
電話番号0126-63-1010
●営業時間:11月中旬~3月中旬 10時~16時 その他時期~17時まで
●定休日:火曜日(祝日の翌日)

 

アルテピアッツア美唄カフェアルテ内

室内はまきストーブが燃え暖かい。

窓から野外彫刻が眺められる。

 

 

 

アルテピアッツア美唄カフェアルテ めし
頂いた軽食、パニーノ、軽く焼いた塩気のあるパンによく煮込んだスぺヤリブの肉がはさんであります。

コーヒーとピクルスのセットで税込1200円。パンがめちゃくちゃ美味しかったです。

アルテピアッツア美唄カフェアルテ めし

こちらは冬期限定メニュー、かぼちゃスープセット+飲み物付き 税込1200円

かぶちゃスープは味見をさせてもらいましたがこっくりしてクリーミーでとてもいい味でした。

このカフェの冬の人気メニューだそうです。

アルテピアッツア美唄カフェアルテメニュー
カフェアルテのメニュー

 

まとめ

丘陵地帯に自然と一体化した彫刻が置かれ、ゆったりとした時間の流れを感じ気持ちが落ち着きました。

天気予報で美唄が晴れの日を選び訪問、11月は天候が不安定でなかなか日程選びが難しかったです。

かつて炭鉱で栄え住宅が並び小学校には大勢の子供たちが通い四季を通して様々な祭りが活気に満ちた地域

そこから炭鉱の閉山と共に人が去り自然が戻って来た大地にかつてあった人々の暮らしのぬくもりを包み込むように安田侃の緩やかなフォルムの彫刻が置かれています。

彼の彫刻は触れても冷たい感じはしません。

むしろ冷たいはずの石からいつも見るたび触るたびに何とも言えない暖かさを感じます。

今回は一部雪除けのカバーがかかり鑑賞出来なかったので次は暖かい時期に再訪しようと思います。

札幌から特急で35分程、遠くはありません。

 

オツリナ
オツリナ

ここで定期開催されている

大理石を彫る

こころを彫る講座

は体験してみたいです。

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました